通信講座受講状況確認サイト

読者からの声

  • 感想 : 相続についてわからないことが多く、お客様の目線でわかりにくい事柄を明らかにしてもらい
    入門書としてふさわしい内容だと感じました。
  • 感想 : とても自然に、お客様にとって心に残るフレーズ、ストーリーの組み立てに
    なっていると思います。解説もわかりやすく、仕事に役立ちます。
    改正保険業法にも対応していて、ありがたいです。
  • 感想 : あらゆる局面で使える話法が満載でした。なかなか断りへの対応がうまくできなかったり、
    切り札となる言葉、アプローチが人によって違ったりするので、引出しをたくさん持たなければ
    保険のセールスは困難です。ヒントがたくさん得られました。
  • 感想 : 最初は「投信販売の使えるトーク60選」を書店で見つけて購入。
    とても役立ったので、こちらの「保険窓販」もあることを知って即購入しました。
    いろいろなトーク集を読みましたが、これは本当に参考になります。
    声かけに自信がつきました。会社の人にも勧めています。
  • 感想 : ひと言で他と差をつけるようなトークばかりで、読んでいる私も
    保険の持つ社会的役割について改めて感じることができました。
    まだ私は保険をとれたことがないので、この本を熟読し、自信につなげたいです。
  • 感想 : 「トークの流れ」では、こんなにスムーズには進まないだろうと
    思う箇所もあったが、様々な方面からのアプローチはとても勉強になった。
    「保険」というワードを出すことのむずかしさを非常に感じる毎日ではあるが、
    言葉の持つ二面性に本書で気づかされた。
  • 感想 : 新しいルールでわかりにくいことが、こちらの本で丁寧に解説されており
    理解することができました。業務に生かすことができています。
    困ったときは必ず開いて読ませていただいています。
  • 感想 : 事業性評価のみでなく、経営者保証、ベンチマーク等の当局の意向や
    改修面での実務におけるメリハリ、ノウハウが満載されていてよかった。
  • 感想 : 実際に現場で取り組んでいる融資推進を考えるうえで気づかなかった点もあり、
    部下のモチベーションアップにもつなげられる内容だった。
  • 感想 : 現場目線での戦術がよくまとまっており、大変参考になりました。
  • 感想 : 支店長として、知識・経験・判断能力等が未熟であると
    痛感させられました。本書を有効に活用します。
  • 感想 : マイナス金利下における融資増強のために、支店長が知っておくべき
    知識が満載だった。本のタイトルどおりの内容だと思う。
  • 感想 : 金融機関で、融資を担当する部署に所属しています。
    事業性評価を組織全体に浸透させるには、まだ時間がかかると感じています。
    部下に指導する際のヒントを得ることができました。
  • 感想 : 事業性評価に注目が集まり、関連書も多く出ているが
    内容について漠然とした説明や表面的なものが多い中で
    本書は具体例を挙げて解説するなど、細かなところまで示し、且つ、
    より金融機関に近い立場で説明されており、とてもわかりやすく感じました。
  • 感想 : 事業性評価の必要性に加え、地方銀行として取引先・地域に対する
    コミットメントの重要性を改めて考える良い機会になった。
  • 感想 : 事業性評価に基づく融資の進め方について、細かく具体的な説明がされており
    実務として取り組んでいく際に大変参考になった。
  • 感想 : この本を読み、事業性評価を行うことが融資ネタになるだけでなく、
    お客様の問題解決にもつながり、お互いがウィンウィンの関係を
    築き上げることになることを確認しました。
  • 感想 : 地域金融機関として今一番求められている「事業性評価」について
    深く勉強することができた。実践で活かせていけそうです。
  • 感想 : 旬な題材であり、内容はとても理解しやすい。
    若手・中堅行員の自己啓発ツールとして一読を勧めたい。
  • 感想 : 事業性評価といってもどう対応すればよいかわからなかったが、
    本書は具体的な方法を教えてくれてためになった。
  • 感想 : 私が勤務する金融機関でも「ソリューション営業」が重要課題となっている。
    本書を読み、いろいろな方法で提案が可能であることがわかりました。
    今後の活動に活かしていきたいです。
  • 感想 : 日頃感じていたことについて、改めて実感をもって勉強することができた。
  • 感想 : 渉外課員が若年化しているため、その世代の考え方や接し方の
    ヒントをつかむことができて、ためになった。
  • 感想 : 20代の行員への接し方を考えさせられる良い本でした。
  • 感想 : カテゴリー別に部下属性が分かれており、それぞれとのコミュニケーションや
    対応方法が書かれているので、よかったです。
  • 感想 : 2年ぶりの営業現場復帰で試行錯誤している中で、永年のテーマであった
    「全員営業」と「全体最適」の両方のヒントを同時にいただけたことは
    非常にありがたかった。さっそく具体的に取り組む意欲が湧いてきた。
    全店に広げるモデル店となるため、活用させていただきます。
  • 感想 : 全員営業においては、管理する側の役割が大切であると思った。
    「動機づけ」と「最適化」の思考が必要。
  • 感想 : 現在進行形で、店舗長としてこの課題に取り組んでおり
    今後の推進活動の参考にしたいと考えます。
  • 感想 : 私は今年度から本格的に投信販売に携わるようになりました。
    投信をお客様にご案内する最初の段階について、わかりやすく学ぶことができました。
    明日から、もっと積極的にご案内できる気がします。
  • 感想 : 目先のテクニックにとらわれることなく、
    地道で普遍的な仕組み、構造をしっかり押さえることができました。
  • 感想 : 新入行員ですが、アフターフォローなどの際に参考にさせていただいています。
    わかりやすく、少しずつ自信がついてきました。ありがとうございます。
  • 感想 : 投資信託を販売するために必要な知識が、わかりやすくまとめられている。
    意外と自分が理解できていない部分もあり、読んでよかった。
  • 感想 : 項目別にまとめられており、自分の弱点とする箇所の克服方法がわかりやすくまとめられている。
    マンガ、イラスト入りで読み通すのも疲れない。
  • 感想 : 投信セールスを行う上で、お客様に納得していただくためのアイデア、
    ノウハウが網羅的に書かれており、大変参考になった。
  • 感想 : 年金推進のタイミングや、話法について非常に参考になった。
  • 感想 : 年金推進のための基礎知識がコンパクトにまとめられていて、わかりやすかった。
    年齢ごとの推進のためのトークも大変参考になった。
  • 感想 : 現場のリアルな状況、相手の反応などが細部にわたって書かれているので
    大変参考になった。後輩指導にも役立っている。
  • 感想 : 普段、渉外活動中に「こういう場合、どのように言えばいいだろうか」と思うことがあります。
    こうした疑問への対策がしっかりと載っていたので、実践したい。
    上司・先輩にはなかなか聞きづらいことを本書で解決できました。
  • 感想 : 現場で必ず出てくる場面で「どのようにものを言えばよいか」がズバリ書かれており、
    大変参考になりました。よく後輩から「○○のようなときはどうやって答えればいいですか?」
    と質問され、自分の経験だけで答えていましたが、本書の中に同様のケースがあり、
    後輩に伝えると大変感謝されました。
    営業に出たばかりの若手の渉外担当者にはぜひ本書を読ませたいです。
  • 感想 : 具体的な場面ごとに話法が解説されており、ぜひ研修の「バイブル」として使いたい。
    若い職員にも紹介してみたいと思う。
  • 感想 : 現場での具体的な事例があることにより、今日から使える
    「ものの言い方」を学ぶことができました。
  • 感想 : 言い回しとは、とても大切なものですね。
    言い方によって、受ける印象がだいぶ違うことに気づかされました。
    仕事にはもちろん、プライベートでも使える本だと思います。今後に役立てたいです。
    もっと早くこの本を知っていればよかったと思いました。
  • 感想 : カラフルでわかりやすく、内容も濃く、バイブルにしたい。
    今後の制度改正を踏まえた改訂版を期待!
  • 感想 : シミュレーションなどがわかりやすく、大変参考になった。
    「働き方」以上の情報も盛り込まれていて、勉強になる。
  • 感想 : 将来設計を考える上で非常に役立った。
    自分にとってはまだ先のことだが、この本の情報を頭に入れておくことで
    将来のプランが異なってくる。
  • 感想 : 債権回収の基本項目が集約されていて、融資課のマニュアル本として
    フルに活用させてもらっています。
  • 感想 : 普段仕事で取り扱っている投信、DCについて、なかなか得ることが難しい
    他商品との違いについての知識(税制上の比較、制度上のメリット・デメリット)が
    わかりやすく表になっているなど、大変参考になりました。
  • 感想 : 提案・推進セールスをするにあたって、様々な商品を比較検討する考え方が
    身についた。部下への説明にもとても役立っている。
  • 感想 : ミドル世代への的確なアドバイス→提案→推進を行うための
    内容で、とても参考になりました。
  • 感想 : 定年前後に限らず、ライフプランについて考えるときに
    とても役に立つ情報がまとまっていると感じました。
    部下職員にもおすすめしています。
  • 感想 : 本書を読み、金融機関の業務が、今後は金融サービスのみならず
    総合サービス業へと変わっていくであろうことを感じた。
  • 感想 : 最近よく聞くようになった「フィンテック」について、深く知りたかったので購入しました。
    ポイントを絞った要点解説と図解で大変わかりやすかったです。
  • 感想 : 平易な文章で高度な内容が書かれており、ためになる。
    成年後見と信託との相互の利活用について理解することができた。
  • 感想 : 内容は少し難しかったが、「22の活用事例」は参考になりました。
  • 感想 : 非常にわかりやすく、事例も豊富で満足。家族信託についての理解が深まった。
  • 感想 : 著者のセミナーを受講したことがあり、本が出るのを楽しみにしていました。
    活用事例に加え、Q&A形式で疑問点に答えている構成がおもしろく、
    内容も充実していてとても良かった。
  • 感想 : 同じような内容の他の本と比べて、とてもわかりやすかった。
    細かい用語解説もあるので、初心者の私でもよく理解することができた。
  • 感想 : 大変勉強になり、がん治療に関する知識が広がりました。
    詳しく書かれていてわかりやすかった。
    今後さらなる医療の進歩に期待が持てたのと同時に、
    医療の地域格差についても感じさせられました。
  • 感想 : 図解が豊富でとてもわかりやすく理解しやすかったです。参考になりました。
  • 感想 : 最新のがん治療法「サイバーナイフ」を知り驚くばかり。抗がん剤の痛みに苦しんでいる患者にとって大朗報。ただ、マシンと医師がワンセットしかないのが惜しい。
  • 感想 : サイバーナイフ療法の長所がわかりやすく書かれた良書と思いました。
  • 感想 : サイバーナイフがわかってきました。がん治療はいま変革期にあると思っています。
  • 感想 : 子ども向けの本とのことですが、大人でも知らないことばかりでした。
    (子どもが小さいうちはまだわからないかも…)
  • 感想 : 障害年金の受給資格を満たしているのに、受給している人は3割にも満たないことなど、
    仕事を通して障害年金のことをもっと広めていきたいと思いました。
  • 感想 : 大変素晴らしい本です。
    障害年金制度は大変ややこしく、一般の人はもとより、社労士にもなかなかよく理解しにくい制度ですが
    実例を踏まえて、一般の人にもわかりやすく書かれたこの本は、私が本年読んだ本の中で屈指の本でした。
    障害年金の受給は、あきらめないことが大切と言われています。
    あきらめていた人達の代わりになって、障害年金の制度や受給手続きを
    広めようとがんばられた著者に、心より敬意を表します。
  • 感想 : 企業の見方について、1つひとつかみくだいて説明してあるので分かりやすかったです。
    企業を訪問する上で、会社を見るポイント、ヒアリング内容、事前に決算書等で確認すべきことなどが
    こと細かく書かれており、参考にしたいと思いました。
  • 感想 : 今まで読んだ「保険セールス」がテーマの本の中で、一番わかりやすい本でした。
  • 感想 : 第4章は商品ごとの特性、税制を考慮した提案ができるようになるヒントが詰まっている。
    税理士対策や補講も自身のレベルアップにつながる内容。今後の活動の参考になった。
  • 感想 : 大変実践的で、講義を受けている感覚で読み進められました。
    経営者の目線や考え方がわかり、現場で即使えそうです。
  • 感想 : 単なる売り方ではなく、実際にどう営業を行えば成果につながるかというノウハウが詰まっている。
  • 感想 : 理論と実践がバランスよくまとまっていて、とても役に立った。
    特に「金融マンが知っておきたい」とことわらなくてもいいような気がする。
  • 感想 : CFP不動産運用設計の試験対策として活用させていただきました。
    行政法規・税金の知識の整理ができました。
  • 感想 : 私は中小企業の期中管理(リスケ先対応)を担当しており、本書は大変参考になった。
    金融円滑化終了後の業務の本質について考える良い機会となった。
  • 感想 : 事業性評価という定性面について、金融機関および事業者の目線を理解することができ、非常に役に立った。
  • 感想 : 初心者でもわかるようにやさしく解説されており、わかりやすかった。
  • 感想 : 現在の仕事に直結する内容であり、とても参考になりました。
  • 感想 : きっかけ作りのための一言が参考になりました。
    この本を読み込んで、自分の引出しを増やしたいと思います。
    すぐ使えるトークが多くて助かりました。
  • 感想 : 具体的なトークが書かれており、参考にできそうです。
  • 感想 : 実践に近い内容でおもしろい。
  • 感想 : 会話のとっかかりから自然な流れで投信のセールスへと展開するコツがわかった。他のことにも応用できそうで、本当に役に立った。
  • 感想 : とても楽しく読めました。自分も投信をやってみたいと思わされるようなトーク集です。
  • 感想 : 専門知識が実戦形式で解説されており、大変参考になる。
    業務をしながら辞書のように使用させてもらっている。
  • 感想 : まさに「実戦的」な内容。傍らにおいて常に参照することにしたい。
  • 感想 : 文章が会話形式になっているため読みやすく、理解がしやすい。
  • 感想 : 交渉過程が対話形式で非常にわかりやすい。
    稟議書の記載内容も要点がつかみやすく、今後活用できそう。
  • 感想 : 筆者が実際に経験した事例を交えて解説しているので、信用金庫業務の糧となりました。
    このような現場の事例を交えた本をもっと読みたいと思いました。
  • 感想 : 以前、同じ著者の「中小零細企業の融資判断事例集」を読み、大変参考になったので
    こちらも読ませていただきました。信用金庫にて融資の審査担当をしていますが、判断に迷ったときは
    著者の本を参考にしています。本書の内容もすばらしく、今後の役に立ちそうです。
  • 感想 : 勤務先でのロールプレイング大会のためにと購入しました。
    当たり前と思ってやっていた1つひとつのことをきちんと見直すことができ、
    ロールプレイング大会及び日常業務に活かすことができました。
  • 感想 : とてもわかりやすく、実践的にまとめられていて
    すぐに行動に移せるので、大変ありがたい本です。
    応酬話法はそのとき、そのときで使い分けが難しいですが、勉強になりました。
  • 感想 : すごく使えます!! 店頭セールスがあまりうまくいっておらず、
    お客様との会話が続かないことが悩みでした。
    言葉の言い回し1つで印象が変わるので、参考にさせていただきます。
  • 感想 : 不動産担保について、知識の再確認だけでなく、今まで知らなかったこともたくさん学ぶことができ、
    大変勉強になりました。図などが多く掲載されており、理解の助けとなりました。
  • 感想 : とてもやさしい文体で書かれており、読みやすかった。不安解消のヒントにもなり、感謝しています。
  • 感想 : とても学びやすい構成になっている。法律用語の説明や実際の登記手続きのことが、申請書類のサンプルなども記していてわかりやすい。
  • 感想 : 登記記録例の記載が多く、説明箇所の番号がついているので
    本文を読みながら参照するのが容易にできた。
    説明もやさしい言葉で書かれており、飽きずに読み進められた。
  • 感想 : 簡単なことから専門的なことまで記載されているので、
    この一冊があれば、登記簿の見方に悩むこともなさそうです。
  • 感想 : 基本から学べて、後輩指導にも活用できる本だと思う。
  • 感想 : 言葉により人が育つことを学び、自分も部下に声かけしていきたくなりました。
  • 感想 : 自分も役職者ですが、部下とのコミュニケーションが不足しているのが実状です。
    この本を参考に、自分の経験を部下に伝えていけたらと強く思いました。
  • 感想 : 忘れていた熱い気持ちを呼び起こしてくれた。
  • 感想 : 核心をついている面白い読み物。実践的であり、良き反省材料にもなる。
  • 感想 : 「なるほど」と響く言葉が多く、夢中で読めた。
  • 感想 : 大内修氏の著作は心に響きます。若手金融マンの励みになるでしょう。
  • 感想 : とても参考になりました。融資関連の本は何冊も持っていますが、
    一番読みやすく、実務に活かせる内容であったと思います。
  • 感想 : リアルな内容がとても参考になりました。何度でも読み返したくなります。
  • 感想 : 融資業務において、判断のヒントになる事例ばかりで参考になった。
  • 感想 : メガバンクの判断基準と信金の判断基準にあまり違いがないことがわかった。
  • 感想 : 融資の基本が分かりやすく書かれているため、融資渉外経験が1年の私にとって
    とても理解しやすい本でした。学んだことを実践に活かしていきたいと思います。
  • 感想 : 運転資金や設備資金需要について、よく理解できた。
  • 感想 : とてもわかりやすく、様々なケースがマンガで描かれていて、勉強になった。
  • 感想 : 部下に対し、わかりやすく教えるための教材として役立っている。
  • 感想 : マンガなので読みやすく、2時間で読めた。
    登場人物も少ないので、案件の内容だけでなく、問題点や課題もよく理解できた。
  • 感想 : 項目が細かく分かれていて、わかりやすかったです。
    図や表も多く、読みやすいと思いました。
  • 感想 : 現在の業務内容に沿った書籍で、大変参考になりました。
  • 感想 : 基本となることが正確に記載されており、わかりやすい。
    本来の住宅ローンの目的、ポリシーといったことを見直すことができた。
  • 感想 : 実務にすぐ役立つ内容。日常業務をブラッシュアップできる実践書だと思う。
  • 感想 : これから高齢の方への対応が難しくなっていくと思われますので、大変参考になりました。
  • 感想 : ロープレ形式で大変わかりやすい。
  • 感想 : ストーリーがおもしろおかしく書かれていたのでとても読みやすく、
    ロープレは印象に残りとても役立ちました。
  • 感想 : 精神論から技術面まで幅広く網羅されていて、とても役立ちます。
  • 感想 : 著者の福地氏は以前から存じ上げているが、その人柄がそのまま本に表現されていて
    本当に楽しく、熱く、一気に読み終えてしまいました。
    すぐにでもトップセールスの仲間入りできそうな気になります。
  • 感想 : 実際に必要な情報が盛り込まれていてよかった。
  • 感想 : 他社の書籍と比較したとき、全体的に読みやすく感じました。
  • 感想 : 特に難しいことをするというわけではないので、「私にも法人営業ができる」と自信がつきました。
  • 感想 : 大変わかりやすくまとめられていて、内容も興味深かった。買ってよかったです。
  • 感想 : 今の時代に合った生保営業の手法がわかりやすく説明してあり、ためになった。
  • 感想 : 新人からベテラン営業マンまで使える一冊。やさしく、わかりやすい。
    何度も読んでマスターし、法人営業に挑戦したいと思います。
  • 感想 : わかりやすく実践的。セミナーを聴いている感じでスラスラ読めるところが良い。
  • 感想 : 難しい内容をわかりやすい表現で書いてあるので読みやすい。
    B/S、P/L、CFなどいままでバラバラに見ていたのが、それぞれの関係性を理解できた。
  • 感想 : 支店長経験が浅く、職員の指導が難しいことを実感しています。
    本書を読んで、少しでも支えになればと思い購入しました。
    実行できていないことも多く、再度、一から出直すつもりで取り組んでいこうと思います。
  • 感想 : ほとんどマンガで読みやすかったですが、意外と業界の特性が詳しく書かれており感心しました。分かっているようで分かっていないこともあり大変役に立ちました。
  • 感想 : 実際の提案だけでなく「問題点」が詳しく書いてあるので、大変面白いです。気づかない点が多く楽しく読みました。
  • 感想 : 外資系生保が税務上違法とは言えないが、グレーといってもやりすぎでは?と思っていた内容について、分かりやすくまとめられていたと思います。参考になりました。
  • 感想 : 私自身が営業店で抱えている悩みがふんだんに盛り込まれており、今後の対応(私自身がとらなければならない手法)に参考となる事案があった。今日から実践します。
  • 感想 : 解説書が少ない分野で大変参考になります。
  • 感想 : 長年、本書の発行を待ち望んでいました。類書が存在しない貴重な一冊です、とても参考になります。
  • 感想 : マンガなので、内容が分かりやすかった。特に窓口でどのようにお客様にヒアリングするのか、その過程がよく分かりました。色々なケースが紹介されていた所も大変勉強になる本だと思いました。
  • 感想 : 思いの強さ、人との関係、感じる強さの大事さなど、とても熱いメッセージが伝わってきた。何かのヒントがもらえそうな一冊だと感じました。
  • 感想 : 親しみやすい文章で、吸い込まれるように読みました。現在、元気のない人が多い中、やればできることを教えてくれる、おっちゃんの挑戦の物語。大いに元気をもらいました。ありがとう。
  • 感想 : 経済・金融の見方・考え方について参考になりました。経済・金融の動きを断片でなく連続して見ていく癖をつけようと思います。
  • 感想 : 経済は面白い。連想していくと色々繋がりが見えてきて奥が深い。
  • 感想 : 分かりやすい。日経新聞を読めと言われていても難しいと決めつけ読んでいなかったが、連想していくと色んなものに結びつき、もっと経済などが知りたくなった。どうやってすればいいかの答えが載っていて、読みやすかった。