通信講座受講状況確認サイト

Financial Adviser

  • ファイナンシャルアドバイザー NO.191 2014年10月号
  • 定価:1,080円(税込)
2014年10月1日から拠出限度額引上げ!
確定拠出年金におけるFPの役割を再考する ~企業へアプローチするヒントと従業員への投資教育のポイント

※富士山マガジンサービスでは電子書籍の購入も可能です。

詳細情報

特集
2014年10月1日から拠出限度額引上げ!
確定拠出年金におけるFPの役割を再考する ~企業へアプローチするヒントと従業員への投資教育のポイント
企業型確定拠出年金の拠出限度額の引上げが2014年10月1日より始まります。引上げ額は、ほかの企業年金がない場合で月4000円と、一見少ないように見えます。しかし、企業年金は長期間の運用が前提となるため、拠出額の引上げ額は、老後資金準備に大きな影響を与えます。そこで、本特集では、老後資金準備アドバイスの一環として行う企業型確定拠出年金の導入提案や従業員への投資教育について解説します。

これだけは押さえる確定拠出年金のキホン [ MORE>>]

CFP®認定者・DCマイスター 大倉修治
 

確定拠出年金導入における企業へのアプローチ方法

CFP®認定者・DCマイスター 大倉修治
 

企業型確定拠出年金で重要な「投資教育」の勘所

㈱オフィス・リベルタス代表 大江英樹
 

DC加入者の退職準備状況と投資リテラシー

フィデリティ退職・投資教育研究所所長 野尻哲史
 

DCマイスター取得のススメ

 

特別企画

個人投資家は投資信託による資産運用でリターンを得ることができるのか!?[ MORE>>]

バームスコーポレーション(有)・CFP®認定者 杉山明

 

銀行等金融機関はどのように投資信託を販売してきたのか!?[ MORE>>]

 

取材企画

FP opinion [ MORE>>]

銀座コーチングスクール認定講師 GCS認定プロフェッショナルコーチ 高安直子氏

 

金融商品のトリセツ [ MORE>>]

株式会社日本政策金融公庫 「国の教育ローン」
  • 好評連載(クリックで内容が表示されます)