バンクビジネス

  • バンクビジネス NO.964 2018年5月1日号
  • 定価:1,008円(税込)
決算書の仕組みとヒアリングによる分析術
~取受時に確認すべき財務のポイント

※富士山マガジンサービスでは電子書籍の購入も可能です。

詳細情報

特集
決算書の仕組みとヒアリングによる分析術
~取受時に確認すべき財務のポイント
決算書を取り受けた際、実績を見てヒアリングを行い、取引先の実態を把握することが求められます。本特集では、決算書の仕組みや取受時に着目すべき勘定科目、ヒアリングの進め方を解説します。

金額の変動要因や将来の見通しをヒアリングし実態を把握しよう


貸借対照表&損益計算書の仕組みと勘定科目


貸借対照表&損益計算書の見方とヒアリングの方法[ MORE >> ]


取受時に着目する勘定科目とヒアリング[ MORE >> ]

<貸借対照表で着目すべきポイント>
 ①前期と比べて売掛金の金額が増加している
 ②前期と比べて現預金の金額が減少している
 ③前期と比べて棚卸資産の金額が増加している
 ④前期にはなかった貸付金が計上されている
 ⑤前期と比べて短期借入金の金額が増加している
 ⑥退職給付引当金が計上されていない
 ⑦前期にはなかった仮払金や未払金が計上されている
<損益計算書で着目すべきポイント>
 ①前期比で売上高は横ばいだが売上原価が増加している
 ②前期と比べて営業利益の金額が減少している
 ③前期にはなかった特別損失が計上されている
 

特別企画

ロープレ全国大会出場機関に聞く
窓口対応・運用提案のポイント

 (1)三井住友銀行
 (2)横浜銀行
 (3)JA魚沼みなみ
 (4)日本生命保険
 

連載マンガ

▲投信提案キックオフ

「分配金の引下げは運用の悪化が原因だと説明していませんか?」
[ MORE >> ]

▲銀行『事件簿』ドキュメント

「事務ミス隠ぺいのために行った未成年親族への代理行為の依頼」
[ MORE >> ]
  • 好評連載(クリックで内容が表示されます)