通信講座受講状況確認サイト

バンクビジネス

  • バンクビジネス NO.904 2015年11月1日号
  • 定価:1,008円(税込)
平成28年から公社債の取扱変更!金融商品の税制をマスターする
~損益通算のポイント&お客様への説明方法

※富士山マガジンサービスでは電子書籍の購入も可能です。

詳細情報

特集
平成28年から公社債の取扱変更!金融商品の税制をマスターする
~損益通算のポイント&お客様への説明方法
来年1月からの金融商品税制の改正が注目されます。本特集では、金融所得課税の一体化を中心に、金融商品の税制の基礎知識、改正にあたって押さえておくべきポイントを解説します。

<Q&A>金融商品にかかる税金と課税方法の基本[ MORE >> ]

Q1 税金のかかる金融商品にはどういうものがあるの?
Q2 税金の課税方法にはどんなものがあるの?
Q3 金融商品の税金が非課税になるのはどんなとき?
Q4 損益通算や金融所得一体課税とはどんなもの?
Q5 なぜ金融商品の税制を理解することが重要なの?

投資信託の課税の仕組みと公社債の税制変更ポイント[ MORE >> ]


ジュニアNISAの仕組みと開設手続きを押さえよう


改正で生じるお客様からのこんな相談にはこう応える

相談1 個人向け国債だけを持っているけど来年以降投資信託を購入して損益通算したい場合はどうすればいいの?
相談2 国債などの公社債を今年中に売却すると利益は非課税と聞いたけどそれなら急いで売却したほうがよい?
相談3 公社債は特定口座に預けないと絶対に損益通算できないの?
相談4 投資信託で運用するならNISAに預けたほうが絶対に得なの?
相談5 来年のNISA口座を別の金融機関で作ることはできる?
相談6 親のNISA口座とジュニアNISA口座は別の金融機関でもよい?
相談7 孫のために祖父母の私がジュニアNISA口座を開設できる? その場合、贈与税はかかるの?
相談8 平成28年以降はNISA口座の開設にマイナンバーは必要なの? 生まれたばかりの子供でもジュニアNISA口座は作れる?

取材企画

フロントランナー・リテール営業の達人

但馬銀行個人営業部 河原沙代子 さん

特別企画

「外国PEPs」って何?[ MORE >> ]

金融トピックス

「UCDAアワード2015」選考結果を発表

連載マンガ

 

▲投資信託のプラスワン提案実践ストーリー

「誤解されずに市場見通しを伝えるにはどうするの?」
[ MORE >> ]
 

▲銀行『事件簿』ドキュメント

「支店長の理不尽な言動を起因とする補助金の不正受給」
[ MORE >> ]
  • 好評連載(クリックで内容が表示されます)