通信講座受講状況確認サイト

Financial Adviser

  • ファイナンシャル・アドバイザー NO.200 2015年7月号
通貨分散を浸透させる

~外貨資産を組み入れる効果と適切な説明方法
Sold Out

※富士山マガジンサービスでは電子書籍の購入も可能です。

詳細情報

特集
通貨分散を浸透させる

~外貨資産を組み入れる効果と適切な説明方法
 海外投資志向の強まりや急速な円安進行を受け、家計の外貨建て金融資産は過去最高になったと言われています。しかし、このうちの大半は富裕層や一部の高齢者が保有しており、広く一般の投資家に通貨分散が浸透しているとはいえない状況です。また、高齢者の中には外貨資産に投資しているものの、高金利通貨の商品に偏っているケースもあります。 
 そこで本特集では、改めて通貨分散や外貨を含んだ国際分散投資を浸透させるために、外貨資産をポートフォリオに組み入れる目的・効果や、お客さまに正しく・わかりやすく説明するためのポイントなどについて解説します。

通貨分散の目的と効果を再確認しよう [ MORE>>]

 スキラージャパン株式会社 CFP® 伊藤 亮太
 

通貨分散を踏まえたポートフォリオの考え方

 前川FP事務所アドバンス代表 前川 貢
 

外貨建て債券ファンドの要因分析とお客さまへの説明のポイント

 株式会社イデア・ファンド・コンサルティング代表取締役/ファンドアナリスト 吉井 崇裕
 

通貨の状況を判断するための「モノサシ」を知っておこう

 大和証券 チーフ為替アナリスト 亀岡 裕次
 

通貨分散の手段となるこんな商品をどう活用するか

 スキラージャパン株式会社 CFP® 伊藤 亮太
 

ベアリング投信「ウィンドミル」に見る通貨戦略の考え方

 バームスコーポレーション㈲取締役社長 杉山明


 

特別レポート

福島における被災者支援の実際と今後の課題(前編) [ MORE>>]

 あぶくま信用金庫が取り組む地域住民への生活支援

 

200号記念・特別企画

これからのFPには何が求められているのか!? [ MORE>>]

 

取材企画

FP羅針盤 [ MORE>>]

 モーニングスター株式会社代表取締役社長 朝倉智也氏

 

レポート・FPコンサルティング最前線! [ MORE>>]

 武蔵野銀行プライベートバンキングチーム

 
  • 好評連載(クリックで内容が表示されます)