通信講座受講状況確認サイト

Financial Adviser

  • ファイナンシャルアドバイザー NO.190 2014年9月号
  • 定価:1,080円(税込)
ワイド特集
いくらもらえる?どうそなえる! 徹底研究 私たちの年金
財政検証にみる公的年金制度のゆくえと老後資金準備

※富士山マガジンサービスでは電子書籍の購入も可能です。

詳細情報

特集
ワイド特集
いくらもらえる?どうそなえる! 徹底研究 私たちの年金
財政検証にみる公的年金制度のゆくえと老後資金準備
老後資金の重要な柱となる公的年金制度は、世代・年齢・性別を問わず、すべての人にとって関心の高いテーマです。少子高齢化が進むなか、世代間扶養を基本とする公的年金制度の財政が揺らいでいます。「100年安心」と喧伝されてきた年金は、いまどのような財政状況にあるのか、将来にわたって給付水準を維持できるのか、さらなる支給開始年齢の引上げや給付の引下げなど改革の可能性は、そして「年金不安」に備えてどのような資金準備を行えばよいか――。本ワイド特集では、これら公的年金を取り巻くさまざまな問題と解決策について、紙幅を費やしてまとめます。

PART1 改正の推移に学ぶ公的年金制度

Section1 年金制度の変遷と改正のポイント [ MORE>>]
Section2 平成27年以降の社会保険の改正項目
Section3 今後予想される年金改正項目
 

PART2 「財政検証」にみる公的年金のすがた

平成26年財政検証結果の概要とオプション試算に見る今後のゆくえ [ MORE>>]
 

PART3 公的年金制度の現状を踏まえたマネープラン

Section1 顧客の年代別にみる年金相談事例とアドバイス [ MORE>>]
Section2 負担増社会における家計プランニングのあり方
Section3 公的年金に対する考え方と資産運用
Section4 GPIFの運用と個人の運用の考え方
Section5 金融商品別にみる将来に備える資産運用
 

PART4 公的年金アドバイスのすすめ方

Section1 年金相談コンプライアンス [ MORE>>]
Section2 年金記録の確認に必要な書類・資料
Section3 公的年金の請求手続きアドバイス

 
  • 好評連載(クリックで内容が表示されます)