• イザというとき「頼り」になる本
  • KAI法律事務所代表・弁護士
    奈良恒則

    税理士法人JPコンサルタンツ・税理士・不動産鑑定士
    佐藤健一
  • 定価:1,944円(税込)
  • サイズ:A5判
  • 4月5日
  • ISBN:9784765021357

本書の内容

 家族や友人・知人、あるいはお客様などにご不幸があった場合、悲しみは当然ですが、葬儀をどのように行えばいいのか、必要となる各種手続きにはどのようなものがあるのかについて、ご存知ではない人も多いのではないでしょうか。

 もちろん葬儀の実施・各種手続きだけではなく、その後に発生する相続についてもきちんと対応しなければ、いわゆる“争族”となってしまうケースも少なくありません。

本書は、人にご不幸があった場合、まず執り行わなければならない事柄や、次いで行うべき手続き、さらに年金、相続や相続税などについて解説しています。
特に年金・相続関係については失念しがちなことで、後になって「きちんと対応しておけばよかった」とならないようにしたいものです。

 近年、長寿・高齢化で身近な方の葬儀に参列したという経験をお持ちのある方は少なくなってきているようです。そのため取引先のお客様にご不幸があった際でも、何をして、どのようにアドバイスをすればいいのか分からいのです。
 そうした「イザ」というときに、本書を「頼り」にして活用することで、信頼を得ることにつながります。

  • 目次はこちら(クリックで内容が表示されます)