バンクビジネス

  • バンクビジネス NO.866 2014年4月1日号
これで万全! 取引時確認の対応ポイント
~確認手続きの流れと異例ケースへの対処法
Sold Out

※富士山マガジンサービスでは電子書籍の購入も可能です。

詳細情報

特集
これで万全! 取引時確認の対応ポイント
~確認手続きの流れと異例ケースへの対処法
改正犯罪収益移転防止法が施行されてから1年、取引時確認はますます重要になり、金融機関には厳格な対応が必要になっています。
本特集では、取引時確認の全体の流れを把握しながら、取引時確認でよく提示される書類の見方や窓口で対応に迷うケースなどを解説します。

<マンガ>取引時確認はこのような手順で行おう! [ MORE >> ]


<フローチャートで確認する>
取引時確認が必要になる取引と確認ポイント


必ず押さえたい! よく提示される確認書類のチェックポイント [ MORE >> ]

①運転免許証
②健康保険証
③住民基本台帳カード
④旅券(パスポート)
⑤住基カード
⑥特別永住者証明書
⑦住民票(写し)
⑧登記事項証明書(法人用確認書類)

<ケーススタディ>
このようなお客様が来店したら取引時確認をどう行うのか

①夫名義の口座を開設したいと妻が来店した
②子供の口座を開設したいと母親が来店した
③確認書類の記載とは異なる住所への郵送を求められた
④旅行中の外国人に送金を依頼された
⑤今後は複数の経理担当者が法人取引を行うと言われた
⑥労働組合名義で口座開設を依頼された
<プラスワン解説>
実質的支配者を理解する!

<特集関連企画>
FATCAで求められる実務対応を徹底理解する


取材企画

フロントランナー・法人営業の達人

東邦銀行相馬支店 佐藤 和昌さん

特別企画

第1次公募開始!
「新ものづくり補助金」の手続きをサポートする

連載マンガ

 

▲永井月子の投信セールスDiary 

「テーパリングに伴う影響の説明」
<新連載>

▲銀行『事件簿』ドキュメント

「お金に困った窓口行員によるお客様情報の漏えい」
[ MORE >> ]
  • 好評連載(クリックで内容が表示されます)