Financial Adviser

  • ファイナンシャル・アドバイザー NO.231 2018年2月号
  • 定価:1,080円(税込)
比較で考える保険提案

――合理的な分析&アドバイスはこう行う

※富士山マガジンサービスでは電子書籍の購入も可能です。

詳細情報

特集
比較で考える保険提案

――合理的な分析&アドバイスはこう行う
 保険商品を販売する際は、「その保険商品への加入は合理的なのか」「ほかの選択肢と比べた場合のメリット・デメリットは何か」といった点についても整理したうえで、ニーズに適したお客さまに提案していくことが不可欠です。
 そこで本特集では、いくつかの保険商品をほかの選択肢と比較する形で取り上げ、合理的な分析の仕方やアドバイスのポイントを解説します。

比較1 民間介護保険 vs 公的介護保険

比較2 トンチン年金 vs 投資信託

比較3 終身保険 vs 定期保険+投資信託 [ MORE>>]

比較4 一時払終身保険 vs 投資信託 [ MORE>>]

比較5 就業不能保険(精神疾患不担保) vs 就業不能保険( 精神疾患保障)

比較6 変額保険 vs 定額保険


●執筆●
比較1~5
杉山明
一般社団法人シニアコンシェルジュ協会 理事
国際公認アナリスト・CFP®


比較6
平賀初惠
平賀FP事務所
ファイナンシャル・プランナー


 

特集関連企画

万一の際の死亡保障を
合理的に準備するには? 
[ MORE>>]
――必要保障額の検証と保険にかかるコストの下げ方

   一般社団法人シニアコンシェルジュ協会 理事
   国際公認アナリスト・CFP® 杉山 明

 

特別インタビュー

税理士法人柴原事務所代表社員・柴原一氏に聞く
押さえておきたい
平成30年度税制改正大綱の
個人所得課税の改正点 
[ MORE>>]

 

特別レポート

トッパンフォームズ「FDフィット診断」による
消費者目線でのコミュニケーションツール改善 
[ MORE>>]


 
  • 好評連載(クリックで内容が表示されます)