• 誰でも取り組める! 必ず効果が出る! 販路開拓のすすめ方
  • 株式会社流通プランニング研究所 中小企業診断士 川上正人
  • 定価:1,980円(税込)
  • サイズ:A5判・216ページ
  • 2019年5月初版
  • ISBN:978-4-7650-2137-1

本書の内容

小規模事業者の多くはいま、「売上不振からなかなか抜け出せない」「既存顧客が思うように定着しない」「新規顧客を開拓できていない」「営業にかける、ひと・もの・かねが不足している」など、いくつもの課題を抱えながら、日々の経営に奮闘しています。そうしたなか、「売れればいい」「誰でもいい」と目先の成果を追うだけでは、“漂流状態”のまま不安定な売上が続いてしまい、事業の将来的な展望はいつまで経っても開けません。

そんな小規模事業者の悩みを、販路開拓の支援を通じて解決するのが本書の目的です。

販路開拓とは、“反復継続して何度も注文が来ることを目指した取組み”のこと。まさに顧客基盤の確立こそが販路開拓のゴールであり、小規模事業者の持続的発展に欠かせないのが、この販路開拓への取組みです。
一口に販路開拓と言っても、「どこから手をつければよいかがわからない」「経営資源に限りがあって思うような取組みができない」「これまでも取り組んできたが結果が出ない」など、短期的に必ず成果の上がるものではありません。
では、小規模事業者が販路開拓で成功を収めるには、どのように取り組めばよいのでしょうか……。

本書では、販路開拓支援で数多くの成功実績を積んできた著者が、事例から導き出した販路開拓の原理原則と販路開拓の進め方について、わかりやすい言葉を用いて、ていねいに解説しています。

中小企業や小規模事業を営む皆さまをはじめ、企業の経営発達支援の担い手である商工会・商工会議所の支援者の方、税理士・中小企業診断士・社会保険労務士等士業の方、銀行・信金・保険等で企業支援にたずさわる方に、ぜひお奨めの一冊です!
  • 目次はこちら(クリックで内容が表示されます)