通信講座受講状況確認サイト

宮崎 敬さん

三菱UFJ信託銀行株式会社 業務顧問
  エム・ユー・トラスト・アップルプランニング株式会社 常務取締役

宮崎 敬さんは、信託銀行で事務に関連するさまざまな業務に携わり、所属員400名規模の事務センターの事業所長も経験しています。実務の中での体験、実践から得たポイントをベースに、事務に必要な考え方、知識、スキル等の体系化と普遍化に取り組んできました。「事務ミスを防ぐ知恵と技術」(2009年)発刊後は特に社内外での研修、講演、執筆の依頼が増えています。そしてその中で参加者から出された質問や意見が、宮崎さんの次の研究テーマへと広がっています。

プロフィール

1955年東京都生まれ。
早稲田大学法学部を卒業後、三菱信託銀行(現三菱UFJ信託銀行)入社。証券代行、証券事務管理、総務等の業務を経験する中で、事務品質管理の実践と研究を重ねてきた。現在は信託銀行グループ内の研修会社でビジネススキル研修の社内講師を務める一方、事務ミス防止、事務品質管理に関する研修、講演、執筆等を社内外で行っている。2011年早稲田大学理工学術院創造理工学研究科修士課程(経営工学)修了。特定非営利活動法人「失敗学会」およびLCB研究会会員。著書に「事務ミスを防ぐ知恵と技術」(近代セールス社)「事務のプロはこうして育てる」(同)があるほか、「バンクビジネス」(同)、「窓口担当者のための事務ミス防止講座」(同)および「ファンドマネジメント」(野村アセットマネジメント)等に執筆。

宮崎 敬さんから読者の皆さんへのメッセージ
事務を担当している方、またはその中でリーダーや管理者としての役割を担っている方は毎日どんな気持ちで働いていますか?「ミスが起きないことを祈る」「とにかく残業にならないように頑張る」「職場の雰囲気をもっと明るくしたい」・・・こんな声が聞こえてくるように感じます。まず、この思いを大切にしてください。そして、これらを本当に実現するためには、具体的に何が必要で、どのように行動すべきかを考えてみてください。私が書いた2冊の本は、これまでの現場の当事者として体験したもの、そしてさらに研修や勉強会で現場の方々とディスカッションする中で得たものをもとに、できる限り体系的でわかりやすくまとめたものです。私自身、研究を続ける中で、事務という仕事がこれほどまでに奥深く、人間のさまざまな問題と絡みあっている仕事であることに改めて感動を覚える次第です。でも、難しく考える必要はありません。是非、私の本を読んで考え、そして関心のある項目から実践してみてください。「事務という仕事をしていて本当に良かった」と感じる方が1人でも増えることが私の願いです。