福地 恵士さん

◆株式会社エイム 代表取締役
FPLインシュランス株式会社 取締役

 福地さんは大学卒業後、眼鏡のルートセールスを10年経験してからソニー生命に入社。ここでセールスマンとしての才能を開花させ、9年間の在任中に社長杯8回入賞、エグゼクティブライフプランナーとして活躍。その後、株式会社エイムを設立し、自ら保険営業のカリスマコーチとして、生保セールス育成、営業マネージャー研修等の教育事業を展開しています。

プロフィール

1957年9月 東京生まれ
1981年9月 HOYA株式会社入社 眼鏡店のルートセールスを10年経験
1991年4月 ソニー生命保険株式会社にライフプランナーとして入社
        9年間の在任中に社長杯8回入賞
1998年4月  エグゼクティブライフプランナー(部長格)認定
2000年3月 株式会社エイムを設立し代表取締役に就任 
2013年1月 FPLインシュランス株式会社東京本店設立 取締役
2014年4月現在 ※MDRT23回登録 成績資格終身会員
<研修指針>        強い心の土台にスキルのビルを建てる
<著書> 「大成功!生命保険のアプローチ」
「感動!医療保険のプレゼンテーション」
「法人保険 驚異のダイヤモンドアプローチ」
「行くところがなくなったら読む本」
「大丈夫、絶対売れる!」
「完全ロープレ形式 成功はあなたのすぐそばに」
 
■株式会社エイム http://www.aimss.co.jp/
福地 恵士さんから読者の皆さんへのメッセージ
セールスは科学です。根性・忍耐ではないのです。モチベーション(=やる気)の上げ方を勉強しても継続して売り続けることはできません。ビリギャルを慶応大学に現役合格させた坪田先生も言っています。「やる気があるからできるのではない。できるからやる気が起きるのだ」と。残念ながら大学でもマーケティングは教えますが、セールスを科学的に教えるところはありません。ですから会社に入ってから上司や先輩に言われるまま忍耐・根性で売りにいくのです。「やる気を出せ」と言われてやる気をなくします。
「アポイントを取る⇒アプローチ⇒ファクトファインディング⇒プレゼンテーション⇒クロージング⇒紹介入手=名前を聞き出す⇒アポイント」という循環する各セールスプロセスでどんな話をどのように伝えるかをしっかり勉強すれば、時間の差こそあれだれでもトップセールスになれるのです。ぜひ一緒にセールスを学びましょう。